膝の痛み

変形性膝関節症

60歳以上の高齢者に多い『膝の痛み』で、よく耳にするのは『変形性膝関節症』です。

 

衝撃を吸収する膝の軟骨が摩耗し、関節炎や変形が生じて痛みが起こる病気で、特に「女性・O脚・肥満」に当てはまる方は要注意です。

 

同じように膝に痛みが出る病気に『大腿骨内顆骨壊死症』があります。

 

膝関節の内側の大腿骨内顆という部分の組織や細胞が死んでしまう「壊死」が起き、ある日突然激しい痛みに襲われます。

 

歩行時はもちろん膝に体重をかけると痛みますが、何もしていない時でさえ痛んだりうずいたりします。

 

前述の変形性膝関節症は、徐々に痛みが現れ動かすと痛みを感じるという点で違いは判断できるようですが、MRIがもっとも正確ですので早い段階で専門医に相談するようにしてください。

 

痛みが我慢できるうちに体重を落とす事や、筋トレなど運動を行ない膝周りの筋肉を鍛え、膝への負担を軽減するように努力しましょう。

 

軟骨再生が実用化・一般化するにはもうしばらく年月がかかるようですので、なんとか日常生活を無理なく送れるように頑張りましょう。