見えないところ

肥満運動不足

今流行のお洒落な服を着て、ブランドのバックを持ち、メイクもヘアセットもばっちり!!   だけど・・・・・

 

目に見える、見られる所だけを綺麗にする癖がつくと、そうでないところをとにかく隠そうとする癖がつきます。

 

いくら外側を取り繕っても限界があり、「その限界に挑戦!」というよりも、見えないところからしっかりとケアをして整えていく事のほうが大切なのです。

 

自身では正確に把握できない、目の届かない、意識し難い部分の代表はお尻です。

 

歳を重ねるごとになんとなく重力に負けているような・・・・

そんな気はするのですが、実際どうなっているのかは、なかなか分かりません。

 

一般論として、お尻の筋肉の衰えは加速度的です。

「まだ、大丈夫」と思っているレベルではもうすでにかなりの垂れ下がり具合かも知れません。

 

しかしもう遅いと諦める必要はありません。

 

お尻も当然、鍛えることが出来ますし、上げる事も出来ます。

 

そこで大切なことは、お尻を上げるためにお尻の筋肉だけを鍛えても効果は低い、ということです。

 

筋肉は必ず拮抗する筋肉を両方とも鍛えなければ本来の働きを発揮できませんので、お尻と共に骨盤内の筋肉も鍛えましょう。

 

そしてもう一つのポイントはお尻の形は骨盤の向きで良くも悪くもなるということです。

 

キチンと立った骨盤には正しく筋肉が付き見た目も良くなりますが、そうでなければ効果は得にくくなりますので、①筋肉をバランス良く鍛え ②骨盤を正しい位置に固定する。 

 

この2点がその時だけの仮の美しさではない、若々しいスタイルを保つコツなのです。