歩きましょう

ウォーキングエクササイズ

24年度の主な死因順位は①悪性新生物②心疾患③肺炎④脳血管疾患です。

 

①は「癌」の事で、部位別にみると、男性は1.肺 2.胃 3.大腸 4.肝、女性は1.大腸 2.肺 3.胃 4.乳房です。

 

②は「心筋梗塞」の事で、心臓周辺の血管内の脂肪などのプラークが破れて血栓となり、冠動脈が詰まり心筋に血液が行かなくなる状態です。

主な原因は高血圧と高脂血症です。

 

③は細菌やウイルスが肺に感染して炎症を起こします。

本来、人間の身体は様々な防御機能があるため排除できるのですが、体力や免疫力が落ち細菌などの感染力がそれを上回ると肺炎になります。

 

④は「脳卒中」の事で、以前は死因の第1位でしたが医療の進歩などで死亡者数は減ったものの、手足の麻痺・言語障害・視覚障害などの後遺症や寝たきりになり要介護となるなど、深刻な状態が増えています。

 

全体からみた割合は①30% ②15% ③10% ④10%で圧倒的に①が多いのですが、②③④を合わせると35%となり①を上回ります。

 

そしてこれら3つは正しい健康的な生活習慣を送れば、その数は激減するのです。

 

色々な生活習慣の中でも特に問題なのが『運動不足』です。

 

運動不足は万病の元ですから、どんな種類の運動でも構いませんので、まずは身体を動かす習慣をつけましょう。

 

例え命が尽きる、寝たきりになると言われても運動なんかしたくないという方は、どこへ行くにも車を使うような生活を改め、歩く機会を増やすことから始めてみましょう。

 

歩くけば歩く程、若返りますし健康になります。

逆に歩かなければ歩かない程、老いますし不健康になります。

 

歩きましょう!!