紫外線とサングラス

白内障加齢黄斑変性

紫外線による目の障害は角膜障害・白内障・加齢黄斑変性で、角膜の奥にある水晶体や網膜がダメージを受けます。

 

もともと目には日常生活の中で浴びる多少の紫外線を防ぐ能力が備わっています。

 

しかし、長時間海や山で過ごしたり、炎天下での作業などで紫外線を浴び続けるとその限界を超えてしまう事から、これからの季節は必ずサングラスを着用しましょう。

 

その時に注意しなければならないポイントの1つが、『紫外線カット機能』です。

 

色が濃いレンズの方が紫外線を防いでくれると思い込み、暗めのサングラスをかけていると目はどんどん紫外線にやられてしまいます。

 

なぜかというと、目は暗い環境になると瞳孔を広げより多くの光を取り込もうとします。

 

逆に明るい環境では瞳孔は小さくなり光を取り込む量を少なくします。

 

つまり、紫外線カット機能のない、ただ黒く濃いレンズのサングラスでは瞳孔が開きっぱなしの状態で大量の紫外線を目に取り込んでしまう事になるのです。

 

身体は適度な紫外線を浴びる事で、免疫力を向上させるビタミンDを作り出せるというプラスの面がありますが、目に関して紫外線は百害あって一利なしですので、『紫外線透過率』などの紫外線カット機能を備えたサングラスをかけて、目を守るようにしましょう。