ピンピン・コロリ

健康寿命とは、健康上の問題が無い状態で日常生活を送れる期間の事で、男性が約70歳、女性が約74歳です。

 

平均寿命から健康寿命を引くと男性が約9年、女性が約13年となり、この期間は何らかの医療や介護の世話になるという事です。

 

加齢とともに色々な不調を抱える事はあると思いますが、要介護や寝たきりは、本人の生活の質はもちろん家族や周囲の人にとっても問題になります。

 

そうならないために糖尿病・高血圧症・高脂血症などの生活習慣病を予防する生活を送りましょう。

 

自立度の低下・歩行困難・寝たきりの状態は健康寿命の大敵で、その原因は主に『運動器の障害』なのです。

 

つまり、動きたくても動けないという状態です。

 

動ける時に『動くのが面倒くさい』『運動は嫌い』などと言っていると、いずれ自由に動く事すら出来なくなるのです。

 

ですから、とにかく身体を動かす、運動をする習慣を徹底して行ない、1日でも長く健康寿命を保ちましょう。