腰を使わない

腰痛ヘルニアすべり症

肩こりと同様に、国民病とも言われる腰痛のお悩みでご来院される方の動作を見ていると、多くの方に共通するのが「腰を使っている」事です。

 

座る時や立つ時などで顕著なのですが、無意識に腰に力を入れて動いているのです。

 

腰は構造的に大きく曲げたり伸ばしたり捻じったり出来る訳ではありませんし、そんなに重い負担に耐えられるものでもありません。

 

そのためにお腹周りには様々な筋肉が効率的に配置されていますし、その下には股関節という非常に大きな可動域を持ち、なおかつかなりの負担にも耐えうる構造体が存在しています。

 

この部分の本来の能力を活用出来れば、多くの腰痛は随分、楽になります。

 

骨盤と腰をまっすぐに保ち、しっかりと股関節でエネルギーを吸収したり放出する動きを身に付けましょう。

 

『腰を使わず、股関節を使う』

 

股関節を曲げ伸ばしする事により、立ったり座ったり出来るようにする事が、腰痛対策の基本だと考えています。