目を見て

ストレス解消スマイル

目は口ほどにものをいう、というように目は心を映し出す鏡です。

 

いくら美辞麗句を並べたり、尊敬や畏怖の念を語ろうとも目の使い方によって、その本質の多くは分かってしまうものです。

 

逆にまったく目を合わせない、目を見て話せない人には信頼や安心を感じる事が難しいものです。

 

『相手の目を見て話す』

 

睨みつけたり、心を覗き見ようと詮索するのではなく、『自分は正直で誠実な人間です』という気持ちと『自分には自信があります』という意思を伝え、相手から信頼されるためにもしっかりと目を見て話す事が大切です。

 

その時に是非、加えて頂きたい要素は、『優しく微笑む事』です。

 

笑顔は、安心、信頼、自信を芽生えさせるマストアイテムですので、微笑みながら目を見て話す事を、常日頃からの習慣にしましょう。