ストレスコーピング

ストレス

人は生きていく中で、誰しも少なからず深刻な精神的ダメージを受けるような心理的ストレスを受けています。

 

家庭・職場・学校など生活環境への不満や不適応、人間関係のトラブル、コミュニケーションの擦れ違いなど原因は様々ですが、同じ生活環境・人間関係に置かれても、それを、心が耐え難い大きなストレスと感じてしまう人もいれば、人間力を向上させ、人生を豊かにするための好ましい外的刺激と感じられる人もいます。

 

これは『ストレスに対する抵抗力の個人差』に他なりません。

 

この原因は様々ですが、その中で後天的に身に付いた思考の癖からくる物事の考え方は、ストレスコーピングというストレス管理法・対処法で変化させることが出来ます。

 

①問題焦点型コーピングでは、問題点や原因を調べ、解決するための方法を計画し実行するという様な、積極的コーピングを行ないます。

 

②情動焦点型コーピングでは、感情や行動をコントロールし、問題点や原因と一定の距離を保ち、時には先送りや逃避したりする事で問題の解決を急がない心の余裕を重視します。

 

どちらが良い悪いではありませんし、状況に応じて使い分けられるように、日頃から意識して実践する必要があります。

 

そして、いざという時にそのストレスと上手に向き合い、心身共に健康的な生活を送りましょう。