骨盤の歪み

骨盤矯正骨格矯正

頻繁に耳にする『骨盤が歪んでるんです』というフレーズ。

 

身体が不調で、その原因は骨盤が歪んでいるから....と、どこかで言われた方がほとんどで(ごく稀にTV番組でそう言ってたから...と思い込まれている方もいらっしゃいますが)、当院に骨盤の歪みを整えて欲しいとご来院になる方もいらっしゃいます。

 

そんな方にお聞きするのは、どのように歪んでいるのか、上下左右?どのくらい?などですが、正確にお答えになられる方はほとんどいらっしゃいません。

 

単にそう言われたから、世間一般にそう言っているから、身体の不調は骨盤の歪みが原因で、その歪みを『エイッ!』と元に戻すと、全てが良くなるという誤った発想に陥ってしまいます。

 

骨盤も含め骨格というモノは、それのみで成り立っている訳ではありません。

 

腱や筋肉が張り巡らされ、使用頻度の高い部分にはその動きに耐えられるように複雑に頑丈に固定され、形成されています。

 

人が全く活動をしない、または左右寸分の狂いもなく均等に動くのであれば、歪みなど生じないのですが、そういう訳にはいきません。

 

利き脚や利き腕があり、生活姿勢で左右に偏りがある事が普通ですので、歪んで当然なのですが、『理論上(解剖学的に)左右対称であることが正しい姿だ』という考え方に囚われてしまうと、骨盤の歪みがすべての不調の原因であると判断せざるを得ません。

 

当院では、骨盤の歪みは『原因』ではなく『結果』だと考えていますので、原因とされている歪みさえ無理にでも整えてしまえば良いとは思いません。

 

あくまでも『結果』ですので、更にその奥にある『原因』を整える事を目的に、整体指導を行なっています。

 

先ほど触れたような腱や筋肉が、偏った生活姿勢や運動不足によりバランスを失い、身体を正しい位置に保つのに必要な体幹の筋力の低下により骨盤は歪んでいきますので、骨盤の歪み云々を考える以前に原因である身体のバランスを整える事が優先なのです。

 

骨盤を支える筋肉を整え、筋力を取り戻せば骨盤の歪みは自然と正しい位置に整います。

 

しっかりと『何が原因なのか?』という事を考えましょう。

そして、その『原因』を整えれば、状況は劇的に改善します。