世界禁煙デー

受動喫煙副流煙

5月31日は世界保健機関(WHO)が定める『世界禁煙デー』で、6月6日までの禁煙週間に様々なイベントがあります。

 

今年のスローガンは『たばこ税の引き上げを』。

 

しかしこれは根本的な解決にはならないのです。

 

まずは、喫煙がもたらす全身への影響から....

 

肺....肺がんやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸機能障害

血管.....一酸化炭素が増加し血圧が上昇→高血圧

脳....脳梗塞や脳萎縮・アルツハイマー病にも影響

心臓.....心筋梗塞・狭心症・不整脈・血栓形成

口腔内.....歯周病・口内炎・口腔癌

消化器.....胃潰瘍・十二指腸潰瘍・腎臓や肝臓疾患

 

その他、全身の癌、足先の壊死、メタボ、糖尿病、脂質異常、喘息など、数え上げればきりがありません。

 

たばこの煙には4500種類の化学物質が含まれ、そのうち発がん物質は70種類も含まれています。

 

その中でも三大有害物質とされているのが、ニコチン・タール・一酸化炭素です。

 

ニコチンはかつてゴキブリ駆除剤や殺鼠剤として使われていたことから分かるように毒性が極めて高く、脳を変質させてしまう恐ろしい物質です。

 

タールは発がん性が非常に高く、熱で燻される事で肺や喉だけではなく、顔や手・指などにこびりつき細胞レベルに浸み込むように体内に取り込まれます。

 

一酸化炭素は動脈硬化を起こし、心筋梗塞・脳梗塞を誘発します。

また、体力低下を招くため、免疫力が下がり慢性的な疲労や不調が続き、しびれ、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感、シワやたるみ、肌の老化などが顕著に現れます。

 

さらに問題なのは『受動喫煙』です。

 

全面喫煙可の屋内や不完全な分煙、歩きたばこ、ベランダや施設脇での喫煙は、喫煙者が吸い込んだ後に吐き出す『呼出煙』とそれ以上に大量の有害物質を含む副流煙により、確実に他人の健康を害し被害をまき散らしていますが、その点において自覚が欠落してしまっています。

 

毎年、世界中で600万人の人が喫煙が原因で亡くなって、そのうち60万人が受動喫煙が原因で亡くなっています。

 

望んでいない人達に、化学物質の摂取を強制し、間接的に他人の生命をも脅かしている事に気付きましょう。

 

喫煙は単にこれらの薬物による依存が原因というだけではなく、その本質は『精神依存』なのです。

 

喫煙をする事が何らかのプラスになるという精神状態に陥っている限り、たばこの値段がいくら上がろうが、有害な化学物質の存在を知ろうが、他人が犠牲になろうが、たばこを手放す事は出来ません。

 

世界禁煙デーや今日から始まる禁煙週間を上手に利用し、情報を集め、ご自身の健康とこれからに人生について、真剣に考え向き合われることを願っています。