咬耗症

噛み合わせ歯周病

食事や無意識での歯ぎしりなど、上下の歯が噛みあい、長い年月をかけて歯のエナメル質や象牙質が少しずつ擦り減っていく事を咬耗(こうもう)症といいます。

 

咬耗症は自分の歯同士がこすれる事で起こりますので、硬い歯ブラシで長期間にわたり歯磨きをしたり、口で器具を扱うような職業や趣味の方に起こる摩耗症とは異なります。

 

歯が全部永久歯に生え変わってから、加齢とともに少しずつ咬耗が起こり、噛み合わせが変化していきます。

 

また、虫歯治療などで口腔内に、金属・レジン・プラスチックなどの異なる素材のモノがある場合は強度が違う為、消耗スピードが異なり左右差が生じてしまいます。

 

噛み合わせが悪くなると、身体も同じようにバランスを失い、歪んでいきますし、スポーツをされる場合は怪我をする可能性が増えていきます。

 

咬耗はストレスが原因で擦り減るスピードが段違いに早くなりますので、ストレスをためない事や定期的に歯科検診を受け、必要であれば噛み合わせの調整を試してみましょう。