高血圧と塩

『塩分は控えましょう』

 

これは健康な生活を送る上で、とても大切な言葉で、特に高血圧の方は、運動不足とともに必ず指摘される項目でもあります。

 

1日の目標摂取量は、6gですので、だいたい小さじ一杯程度です。

 

うどんやラーメンでは一杯で6gですし、かつ丼や握り寿司で4.5g程度が体内に摂り込まれます。

 

しかし、いくら減塩しても血圧が下がらない人もいます。

 

高血圧には、塩分に反応しやすい『食塩感受性タイプ』と、反応しにくい『食塩非感受性タイプ』があり、その割合は2:8に分かれます。

 

食塩感受性タイプは簡単に言うと、食塩摂取過多が引き金になり、腎臓でナトリウムが再吸収される事で高血圧になり、食塩非感受性タイプは、たんぱく質の一種であるアンジオテンシンⅡが血管中に取り込まれ、その作用によって血管が収縮し高血圧を引き起こすとされています。

 

つまり同じ『高血圧』でも『ナトリウム再吸収』と『血管収縮』という異なる原因から生じているのです。

 

ただし、原因は違えど塩分の摂取は健康に害を与えます。

 

特に腎臓・肝臓が深刻なダメージを受けますので、親が高血圧・肥満・運動不足・中高年などに当てはまる方は、インスタント食品やファストフードなど、味の濃い・癖になるようモノは避け、外食の際には塩分の少ない料理や調理法に気を配ってください。

 

そして最も重要な事は『精製塩』の摂取を控えるという事です。

 

塩を摂取するなら、必ず『天然塩』を使用しましょう。

 

精製塩は、精製という化学的製法で作られ、成分のほぼすべてが塩化ナトリウムという『製品』ですので、天然塩のような『食品』とは全く別物だと考えられるからです。