リンパマッサージ~前篇~

デトックスアンチエイジング

一般的に『リンパ』は全身にあるリンパ管、その中を流れるリンパ液、リンパ管の中継地点であるリンパ節を総称して呼ばれています。

リンパ液は血管の外へしみ出した血液中の血漿という成分やタンパク質が、全身に張り巡らされたリンパ管に再吸収されたもので、透明な液体です。

 

リンパ液は主に、感染や疾患と闘う細胞、古くなった細胞、老廃物などの運搬をおこなっており、身体の中に侵入したウイルスや身体に害を及ぼす変異した細胞などを攻撃・排除しているのは、その中に含まれる『リンパ球』が行なっています。

 

身体にあるたくさんのリンパ節で濾過され、鎖骨下で静脈と合流するシステムですので、リンパの流れを良くするにはまず、鎖骨下のリンパ節を『空ける』作業が必要です。

 

リンパマッサージで大切なことは、リンパ液がどう流れているのか、どんな構造で動いているのか、どうすれば流れが良くなるのか、などを理解した上で行なうという事です。

 

間違った方法では、リンパ液の流れは改善されませんし、それどころか、身体に無駄な負担をかけてしましますので、次回はその辺りについてお話しします。