肩こりと呼吸

深呼吸

肩こり解消に効果があるとしてよく耳にするのが『呼吸』です。

 

ストレス解消・自律神経バランスの改善・力みを無くすなど、その効果は絶大なのですが、もう少し具体的に説明すると、

 

肩こりの多くは、肩甲骨が動かない事で血流が悪くなりますので、肩甲骨周辺を動かし筋肉を刺激し身体の巡りを良くする事が必要なのです。

 

胸・肋骨の辺りに手を当てて、深く大きな呼吸をしてみると呼吸を繰り返すごとに肋骨や鎖骨が動いているのが分かると思います。

 

胸部分には小胸筋・大胸筋という筋肉がついていて、小胸筋は肋骨と肩甲骨(烏口突起)、大胸筋は鎖骨・胸骨・肋骨と腕の付け根にそれぞれが付着していますので、呼吸をして肺に空気が入り胸郭が膨らむと、この辺りの骨格が連動して動きますので、そこに付着している筋肉も自然と伸びたり縮んだりするのです。

 

逆に、猫背やストレスなどで、浅い呼吸が癖付いてしまうと、胸郭の動きが日常的に制限されるため、当然動きが悪くなり巡りの悪い身体になってしまいます。

 

ですから、肩こりでお悩みの方にまずして頂きたい事は、湿布やマッサージなどではなく、大きくて深い『深呼吸』を習慣になるまで続ける事だと考えています。