お腹のたるみを無くすには

スクワット筋トレ

筋肉は上半身よりも下半身に多いので、身体を効率的に鍛える目的ならば、まず下半身を鍛える事が得策です。

 

その中でもお尻や太ももは筋肉量が多い場所ですので、そこを集中的に鍛える事で全身の血流を良くし、代謝を上げやすい身体に変えていく事が可能です。

 

そしてそのために最適なのは『スクワット』です。

 

スクワットは下半身運動の王様と呼ばれ、その運動で鍛えられる大臀筋・大腿四頭筋・ハムストリングスなどの筋肉は、運動機能を向上させるとともに身体を安定させるためにも欠かせないものなのですが、運動不足や加齢により気付かないうちに加速度的に衰えていきます。

 

ですので、1週間に3日程度はスクワットを習慣にするようにしてもらいたいのですが、筋肉量が多いため間違った方法で行なうと関節などに余計な負荷がかかり痛めてしまう原因になります。

 

足の幅・膝の位置・上体の使い方・重心の取り方など正しいフォームで行なう事が何よりも大切ですし、正しい呼吸の仕方も合わせて行なう必要があります。

 

スクワットは全身の巡りを良くしてくれますので、お腹周りのたるみを無くしたい場合、腹筋運動に汗を流すよりもスクワットを行なう方が格段に効果大なのです。

 

正しいスクワットを身に付けたい!!という方は、整体コースにてその旨お申し付け下さい。