ペットボトル症候群

糖尿病
     イメージ

連日、厳しい暑さが続き、熱中症で搬送される方が続出していますが、その予防としてこまめな水分補給を...とよく耳にします。

 

この『水分』の意味を取り違え、清涼飲料水やスポーツドリンクを常飲してしまい、急性の糖尿病になってしまう方が増えています。

 

砂糖の塊のようなジュースなどの清涼飲料水や、ブドウ糖が大量に含まれているスポーツドリンクの過剰摂取は、百害あって一利なしですので、水やお茶で上手に水分補給をしましょう。

 

糖質の過剰摂取は一時的な高血糖状態を起こさせ、そのせいで喉が渇き、さらにスポーツドリンクや清涼飲料水を飲む事で尿の回数が増えるという悪循環にはまってしまいます。

 

そしてその後、反動で危険な低血糖状態となり、意識を失ったりするのです。

 

これからの時期は清涼飲料水の摂取を控えたり、スポーツドリンクを飲むときは水で薄めたりなどの工夫をしながら、快適に過ごしましょう。