医療行為

『当院では医療行為は行なっていません』

 

このフレーズを繰り返しお伝えしているのですが、なかなかご理解頂けないようです。

 

日本の法律上、整体は医療ではありません。

 

医師が行なう『医療行為』や、柔道整復師が行なう『医業類似行為』を行なうと法律違反になります。

 

鍼灸マッサージ師が行なう行為も出来ません。

 

ですので、治療はもちろんですが、問診表の使用・診察・診断・診療をはじめ、血圧測定・投薬も行なってはいけませんし、『治します』や『腱鞘炎です』や『ヘルニアです』などの文言や病名の使用も、当然出来ません。

 

特に『診断』は、医師にしか出来ません。

 

つまり、医師以外の人間が診断し、それを元に治そうと試みる事自体、法律違反になるのです。

 

しかし、一部に、効果や効能を宣伝に使ったり、過去の成功例を表記した、一般の方に誤認させるような行為が行われているため、選択が難しく、整体で『体の歪みを治してもらおう』『腰痛を治してもらおう』という誤った判断をされる方がいらっしゃいます。

 

曖昧な領域で、選ぶのも難しいとは思いますが、『治してもらう事』が目的であるならば医療機関へ、それ以外であれば整体院・カイロプラクティック・療術院・〇〇マッサージ・リラクゼーションなど、ご自身が望むサービスを提供しているかを確認した上で、足を運んでみると良いと思います。

 

当院の考え方はコチラをご参照ください。