3・3・7睡眠法

成長ホルモン

睡眠が健康に及ぼす影響はとても大きく、いかに良い睡眠をとるかによって生活の質が変わります。

 

睡眠は個人差がありますので、全ての人に当てはまるわけではありませんが、最近では3・3・7睡眠法というモノがあるそうです。

 

睡眠のゴールデンタイムを、22時から3時までとして、その間の『2つの3』に注目します。

 

まずは、寝入りの3時間にどれだけ質の良い眠りをとる事が出来るかが大切です。

 

そのためには、眠りに適した環境作りは欠かせません。

 

快適な室温を保つ

部屋着からパジャマなどに着替える

デジタル機器の使用を控える

軽いストレッチなどでこわばりを弛める

 

これらを行ない22時に寝る。

 

そして、成長ホルモンが分泌されるのが3時までとされていますので、遅くとも12時までに眠りにつかないとこの恩恵にありつけません。

 

夜更かしや夜型の方でも12時までには眠りにつきましょう。

 

そして、ゴールデンタイムを含んだ7時間睡眠を心掛けましょう。

 

というのが、3・3・7睡眠法です。

 

特に暑いこの時期に気を付けたいポイントは、クーラーが体に悪いという意識から、消してしまい寝苦しい環境で眠りにつこうとする事や、寝具を吸水性や冷える効果などを優先してしまい、寝心地や体に合わない寝具を使ってしまう事です。

 

また、部屋着のままでは、脳は『起きてい』と勘違いを起こ活動をゆるめることが難しくなりますので、必ず着替えをし脳に対して『今から眠る』という合図を送りましょう。

 

この睡眠法を実践する事で、成長ホルモンが十分に分泌され、身体の不調が無くなり、元気に健やかに過ごせるようになる可能性がありますので、しばらく続ける事で体調がどのように変化するか試してみる価値はあると思います。