汗荒れ

あせも汗荒れ

暑い日が続く日本の夏。

 

汗をかいたままにしておくと、痒くなったり赤いプツプツが出来る事があります。

 

この時「あせも?」と考える方も多いと思いますが、大人であればほとんどが「汗荒れ」なのだそうです。

 

あせもは汗をかく事で皮膚表面の角質がふやけ、汗腺が詰まり炎症をおこしますが、汗荒れはかいた汗に含まれるアンモニア成分が肌を刺激し、炎症を起こします。

 

汗荒れの原因は、肌角質層のバリアー機能の低下が最も大きく、入浴時のゴシゴシ洗いは厳禁で、入浴後には保湿を心掛けましょう。

 

対策は、汗をかいたら出来る限り早く拭き取る事。

 

摩擦が大きな衣類は避ける。

 

敏感肌であればアクセサリーなどの金属類をつけない。

 

さらに、デトックス効果があるとして、サウナなどで必要以上に汗をかくような、医学的根拠のない事をしない。

 

汗荒れは特定の部位に出来る事が多いので、日頃から注意深く観察をしながら、痒くなってもかかないようにしましょう。