痛い時

腰痛膝痛首痛

部分を問わず身体に痛みがあると、生活の質は著しく低下してしまいます。

 

痛みを感じた時に『温めた方が良いのか、冷やした方が良いのか』、この判断が難しいとよく耳にします。

 

温めるのは血行を良くするため。

 

冷やすのは炎症を抑えるため。

 

この簡単な理屈を当てはめれば、意外と簡単に選択が出来ます。

 

出来たてホヤホヤ、急性の痛みであれば炎症ですので、まずする事は、急速に冷やして炎症を抑えるという事です。

 

そして、炎症が治まればその後は血の巡りを良くして、治癒力を高めるために温めていきます。

 

急性→冷やす

 

慢性→温める

 

これを目安に判断して下さい。

 

湿布についても、温冷が難しいようですが、基本的に湿布の目的は『消炎鎮痛』ですので、温冷はその中に冷たく感じさせる、または温かく感じさせる成分によって分かれているだけですので、言い換えれば『お好みで』選べば良いようです。