機能性表示

機能性表示

来年の春から、ある表示が使えるようになるそうで、とても危惧しています。

 

それは、『肝臓の働きを良くします』『膝の滑らかな動きをサポートします』などの身体の部位への効能を謳う表示が認められるという事で、フレーズによっては、あたかも病気の治療に有効かのごとく認識してしまいそうなモノが出てきそうです。

 

現状の薬事法で、医薬品にのみ認められている事や特定保健用食品(トクホ)が例外的に認められている事が、なし崩し的に緩和されないように注意が必要です。

 

『お腹の調子を整える』

『脂肪を分解してくれる』

『骨を丈夫にする』

 

今、世に出ているこれらのフレーズでさえ、何か治してくれそうな雰囲気がプンプン漂っているのですが、この先どんな表示や表現がされていくのか、楽しみでもあり心配でもあります。