目的別筋トレ

無酸素運動有酸素運動

『筋トレ』と聞くと、筋肉隆々の身体をイメージされる方がいらっしゃいますが、そうではありません。

 

運動にはその目的によって様々な種類があり、必要に応じて選択をし取り組みます。

 

簡単な例では瞬発力なら無酸素運動を、持久力なら有酸素運動を....というような具合です。

 

同じように筋トレに目的に応じた鍛え方があります。

 

パワフルでダイナミックに動かすための力が必要ならば、身体の外側の筋肉を、身体の軸を整えたりバランス力を鍛えたりなど、動きを安定させるための力が必要ならば、身体の内側の筋肉をトレーニングしなければなりません。

 

もちろん外見の美しさやカッコよさを目的に行なう筋トレもあれば、怪我の予防や回復を目的とする筋トレもあります。

 

また、血流改善や肥満改善を目的とする筋トレもあります。

 

大切なのは、ご自身がどんな目的を持って筋トレを行なうか、という事を明確にする事で、よく分からずにとりあえず有名選手がやっているから、雑誌に載っていたから...といった筋トレは、継続する事が難しいだけではなく、怪我の元にもなりますので、必ず何のために筋トレをするのかという目的をしっかりと持ち、計画的に行なうようにしましょう。