ロコモかも

ロコモティブシンドローム

運動器の障害による要介護の状態、および要介護のリスクが高い状態をロコモティブシンドローム『ロコモ』と呼びます。

 

運動器障害はある日突然起こるのではなく、気付かないうちに少しづつ進行していきます。

 

例えば、画像のように立った状態で片足立ちになり、膝を持ち上げその脚を両手で挟むようにして靴下を履けますか?

 

階段の上り下りの際、手すりにつかまらないと、ふらふらする、もしくは進めないような状態ですか?

 

15分程度、続けて歩く事が出来ますか?

 

自宅などで何もない所でつまづいたり転んだりしますか?

 

この中に一つでも当てはまるものがあれば、ロコモの可能性が極めて高いとお考えください。

 

主な対策は、足腰の筋力をつける事、バランス力を養う事、膝や腰の負担を軽くする事などが挙げられます。

 

超高齢化社会になり今後も『寝たきり』は爆発的に増えますので、一人一人が自分の事として考え行動していただきたいと願っています。