腰割りの意味

体幹トレーニング

腰割りとは、「股関節を開くこと」です。

 

では股関節を開くと何か良い事でもあるのでしょうか。

 

股関節が開くと左右の足が大きく動かせ身体全体が安定し効率よく動かせます。

 

それとともに正しい腰割りを続けると、身体の中心に近い筋肉を整える事につながりますので、動作のバランスが良くなります。

 

身体の中心に重心が近づけば近づく程、身体はより安定していくのです。

 

例えば、重さの違うおもりを、腕を前や横に伸ばして持ったまま動くのと、リュックにひとまとめにして背負って動くのとでは、負担は全く異なります。

 

同じ負荷でも中心軸との距離で疲れやしんどさが変わるという事で、身体を効率よく使うためには、いかに中心軸となるべき股関節をバランス良く鍛えるかが重要なのです。

 

それには、この腰割りがもっとも手軽で効果が高いと考えていますので、出来れば毎日、積極的に行なって下さい。