かかとガサガサ

水虫角質

これからの季節に起こるトラブルの1つに『踵がガサガサになる』というお悩みがあります。

 

足の裏には汗をかくための「汗腺」はありますが、「皮脂腺」がありません。

 

そのため保水力が無くなってきたりすると、タワシのような、象の足のような硬くゴワゴワした踵になってしまいます。

 

顔や首がかさついてくるとその保湿には目いっぱいの努力を惜しまないのですが、踵は見えにくい所ですのでどうしても放置してしまいがちです。

 

踵の角質が分厚くなるのは、他にも姿勢の問題や骨盤内のトラブルなども考えられますので、出来る限りお手入れを心掛けましょう。

 

ただし角質を必要以上に削るのもあまり良いとは言えないようです。

 

また、単にかさついているだけではなく、「白癬菌」という、いわゆる「踵水虫」にもかかりやすくなります。

 

お風呂上りにクリーム等を付け、コットンの靴下を履く(ラップをした上で)など、対策は色々とあるようですので、ご自身に合った対策を取り、綺麗な踵を取り戻しましょう。