違うが同じ

虫歯歯周病

生活習慣病の代表的なモノに『歯周病』と『糖尿病』があり、両方が密接に関係しています。

 

歯周病の二大危険因子は『糖尿病と喫煙』ですし、三大合併症(腎症・網膜症・神経症)に次いで6番目の糖尿病合併症でもあります。

 

歯周病は成人の80%以上の人がかかっていて、虫歯が無い人でも歯周病の人は大勢います。

 

歯周病と虫歯は口の中の細菌が引き起こす疾患ですが、原因は異なります。

 

虫歯は、歯の表面に付いた歯垢(プラーク)に、ミュータンス菌などの虫歯菌が住みつき、食べ物から出た糖分をエサに酸を作り出して、その酸が歯の表面のエナメル質を溶かして徐々に進行していきます。

 

歯周病は、歯周病菌の出す毒素などが原因で歯肉や骨が炎症を起こしやがて溶けていきますので、例え歯が健康であったとしても、最後には抜け落ちてしまいます。

 

原因は違えど、もっとも効果的な事は、毎日の正しいブラッシングによるセルフケアと、定期的に歯垢や歯石を取り除いたり、噛み合わせを調整するなど専門医に通いメンテナンスをする事です。

 

元気に長生きするために、健康な歯を保ちましょう。