転倒

介護,寝たきり

高齢者にとってもっとも気を付けないといけない事の1つに『転倒』があります。

 

転倒による死者は年間7700人にも上り、増加の一途を辿っています。

 

また、転倒し介護が必要になったり、寝たきりになる人も後を絶ちません。

 

足腰の衰えが主な原因ですが、その他にも考えられることに『判断力の低下』があります。

 

急な判断が求められるような突発的な出来事に対応することが出来ず、つまづいたり、転んだりしてしまいがちです。

 

対策としては、日頃からテキパキと動く事や身体全体の筋力の維持に努め、判断力や運動機能を衰えさせないようにしましょう