目の疲れ

頭痛肩こり

普段の生活を送る程度の使い方をしている限り、目の疲れはそれほど感じるものではありません。


しかし、様々な理由から目は絶えず酷使する環境に置かれ、気付かない間に過度に疲労を繰り返しています。


目を使う事は目の筋肉を使う事ですので、目の酷使は筋肉の酷使とも言えます。


当然、筋肉疲労を起こすと巡りが悪くなり更に疲れやすくなるという悪循環に陥りますので、どんどん疲れが溜まり抜けにくくなります。


疲れが目でまかなえなくなると、それが頭痛や首こりの原因にも繋がりますので、目の使い過ぎ、疲れ過ぎには注意が必要です。


冷やしたり温めたりする事で血流が良くなりますが、どちらかといえば温める事をおすすめしています。


目を温めれば分かるのですが、気持ちまでほぐされるような、脳が休まるような、落ち着きを感じることが出来ますので、身体のみならず心の安らぎが得られるという点からも、積極的に目を温めて下さい。