脚を組む

骨盤の歪み骨盤矯正

腰痛をはじめとする身体の不調の原因の中に、身体の使い方の悪さ、バランスの悪さというモノがあります。


それはおもに普段の生活で何気なく行なっている『立つ・座る・歩く』姿勢に問題がある事が多いようです。


脚には『利き脚』と『軸足』がありますので、つい軸足ばかりに体重を乗せて立ったり座ったりしてしまう癖が付きどんどん身体が歪んでいくのです。


身体のバランスを整えるためには、歪んでいる所をグイッと力まかせに矯正をしても根本的な改善にはなりません。


その原因である利き脚と軸脚を出来る限り均等に使い、その『差』を無くすための訓練が必要なのです。


分かりやすいのが『脚を組む』という行為です。


上に乗せるのが『利き脚』、下が『軸足』です。


無意識に組んでしまう人、組まないと落ち着かない・気持ちが悪い人・・・・・・


脚を組まないようにする簡単な方法の1つは、軸足側のお尻の下にタオルなどを入れ左右の座る高さを変えてみましょう。


極端に高すぎるのは逆効果ですが、程よく組まなくても違和感を感じないような高さがベストです。


これを癖付けすると左右均等に座る感覚が養われていきますので、徐々に高さを低くして最後には何もない状態でも、脚を組まない座り方が一番楽と感じられるまで続けてみましょう。