かなめ

運動睡眠休息食事

身体に不調を感じると、ついその部分だけに意識が集中し、なんとかしようと考え始めます。


もちろん、打撲や捻挫など急性の状態はすぐに医療機関へ行く方が良いと思いますが、それ以外の慢性的な症状はどこか一部分のみが悪く、そこに湿布や注射を繰り返したところで、それほどの効果は考えにくいのです。


肩が凝るから肩を揉んで、腰が痛いから腰を押して・・・・・


そんな事で良くなるのであれば、慢性化は避けられるはずです。


身体は連動していますので、筋肉を気持ち良く伸ばすにも、血流を改善するにも、全身をバランス良く動かし、歪みや偏りを無くし巡りの良い身体に変える事が最も効率的なのです。


怠惰で不規則な生活、お腹一杯まで食べ、運動もせず、悪い姿勢を改めない、ただ不調の箇所だけをなんとかしたい・・・・


それはあまりにも虫のいい話だと思います。


不調の少ない健康な身体になるためには、いくつもの『かなめ~要~』となる要素があり、それをサポートする事が当院の役割であり、実践するのはあくまでもクライアント様ご自身なのです。