膝関節は3つの骨で成り立っています。


脛骨・大腿骨・膝蓋骨


すねの骨と太ももの骨と皿です。


そして蝶番関節というちょうつがいのような構造ですので曲げ伸ばしが可能ですが、左右へ捻じったり倒したりする動きは適しません。


ですので、膝関節には、様々な筋肉・腱・靭帯が付いて、安定性を保つ必要があるのです。


特に身体を支えるのに大きな役割を果たしているのは、太ももの前面の筋肉ですので、膝痛改善や予防においてこの部分の筋肉をトレーニングする事は欠かせないのです。