呼吸と共に

肩こり首こり腰痛

デスクワークが続いたり、同じ姿勢を長時間続けたりすると、無意識に伸びをしたり、身体をひねったり捻じったりすると思います。


これは本能的に身体のどの部分が固まっているか、血流が悪くなっているか、を理解してそれを解消しようとする動きなので、とても効果があります。


そこで、その動きを意識的に、一定の時間ごとに行なってみましょう。


一回に付き2.3分で十分ですので、出来る限りダイナミックに動かしましょう。


その時に重要になるのが『呼吸』です。


呼吸は止めることなく、吐く息を長くし、大きく気持ち良く行ないましょう。


うまく呼吸を組み込めれば、効果は格段にアップしますので、忘れずに行なって下さい。