喜怒四時に通ず

ストレス感情

自然に過ごす事はとても大切です。


感情を押し殺したり、理性を働かせ過ぎたりすると、抑え込まれたモノたちが、いずれバケツから水があふれるような大騒動を巻き起こします。


喜ぶべき時には喜び、怒るべき時には怒る。


笑いたい時には思いっきり笑い、泣きたい時には思いっきり泣く。


それが自然なのです。


春になれば暖かくなり、夏は暑く、秋は涼しく、冬は寒くなります。


人は自然の中にあり、人の中に自然があります。


その大いなる力を存分に活力とするためにも、無理に自分を押さえつけるような生き方は、出来る限り避けたいものです。