卵子老化

理研研究高齢妊娠

しばらく前に理化学研究所が、「卵子の老化」をテーマにした報告をされていましたのでご存知の方も多いかと思いますが、少しご紹介します。


卵子や精子の染色体は23本ずつあり、受精して受精卵になると合計46本になります。


受精しても正常に成長できなかったり、ダウン症などの原因となる卵子の割合が増えたりするのは「卵子の老化というよりも、その元となる卵母細胞の老化が原因である」と説明がされました。


卵母細胞が卵子を作るために分裂する際、卵母細胞と卵子が23本の同じ染色体になる必要があるのに、年齢が上がるにつれ卵子が異常な染色体数になる確率が高まるのだそうです。


正常な数の染色体に分裂するためには、同じ種類の染色体をいったんペアとしてくくる「輪ゴム」のような働きと、ペアとなった染色体を反対側に引っ張る「手」のような働きと、ペアの染色体を切り分ける「ハサミ」のような働きが必要で、特定のたんぱく質が関わっているため、どれが老化で働きにくくなるのかを今後の研究で把握しようとしているそうです。


これらの研究がすぐに何らかの効果を発揮するわけではありませんが、基礎研究として重要であると結んでいました。