チョー大切

インフルエンザノロウイルス

インフルエンザが流行の兆しを見せているようで、早急に対策が必要です。


ウイルスは季節の変わり目が大好きです。


インフルエンザが蔓延するには、いくつかの条件が重なるのですが、一番は、「低温と乾燥」です。


この条件では、ウイルスにとっては長生きできること、人間にとってはのどや鼻の粘膜が弱ってしまう事で感染しやすくなります。


また、これからに時期は何かと外出をする機会が増え、特に混雑する場所では、爆発的に拡散してしまいます。


うがい手洗いの習慣化・ワクチン接種・湿度を60%以上に保つ


その他にも色々な対策がありますが、「体を冷やさない」という事も免疫力・抵抗力にとってとても大切です。


体外的に室温を20~25度に保ったり、首回りや手足を温めることも必要ですが、免疫力の面で考えるとお腹の中を温める事が最も重要です。


腸と免疫は密接に関係していて、いかに腸を活発に、健康に保つかがポイントになりますので、運動・睡眠などの生活習慣はもちろんの事、「腸を温める食材」を多く摂るようにしましょう。


当然、栄養のバランスも考慮しなければなりませんが、かぼちゃ・さつまいも・にんじん・玉ねぎ・鶏肉・生姜・にんにく・・・・・


それ以外にも「菌」などの発酵食品も加えましょう。


納豆・つけもの・味噌・塩麹・ヨーグルト・・・・・


ヨーグルトは、少し温めると乳酸菌の量が増え効果倍増だそうなので「ホットヨーグルト」をお試しください。


インフルエンザ対策に良い腸の働きが欠かせないのです