悪い姿勢

猫背円背肩こり腰痛

ヒトの背骨は24個の骨が積み木のように重なっています。


その重なり方は、まっすぐに積み重なるのではなく、軽いS字の湾曲を描き、トータルとして身体の中心線に重心が来るような仕組みなのです。


良い姿勢やバランスの良い身体の使い方をしている限りは、骨の周りの筋肉が絶妙の力加減で身体を支えているのですが、悪い姿勢や偏った使い方をする癖が付いてしまうと、硬くなったり弱くなってバランスが崩れ身体をきちんと支えきれなくなります。


そしてその崩れたバランスのつじつまを何とかして合わそうとして、無意識に骨盤を寝かせて倒し下腹を突き出すような姿勢に変化させたり、顔を前方に突出したりなどするのですが、これにより働くはずの筋肉が働かなくなったり、異常なほどの緊張を強いられたりする結果となり、肩こりや腰痛など様々な不調につながる場合があります。


骨盤の歪みや猫背などに代表される身体の歪みは、その部分だけにとらわれることなく、身体全体を整える事で改善が図れるのだと思います。