腰割り

股関節ストレッチ

究極の健康運動と考えている腰割りですが、初めから上手に出来る人は多くありません。


一見、出来ているように見えていても、実は筋力を使って股関節を無理やり広げて、まるで筋トレのような様子で行なってしまっている場合は、腰割りの意味がなく効果は期待できません。


腰割りは力でどうこうするものではありません。


身体の重さと重力を使い、股関節に程よい刺激を与え、ほぐしていくような運動です。


股関節の本来の能力を最大限に発揮し、身体全体を無理なく効率的に動かせるようにする事が目的の一つですので、硬くなって使い勝手の悪くなっている股関節を整えていきましょう。


腰割りの姿勢のポイントは、股関節を自然な力で開く事です。


股関節はある日突然硬くなったのではありません。


股関節の使い方を忘れ使わなくなったために、衰えただけなのです。


ですから、その感覚や使い方を思いだし、取り戻しさえすれば楽に腰が割れ身体の使い方が見違えるように変わっていきます。


幼い頃には、何をするにも腰を割った状態で行なえていたものが、徐々に割れなくなってしまっていますので、逆にゆっくりでも子供の頃に出来ていた姿勢を日々取り入れる事で、本能的にその使い方を思い出し、どんどん股関節が開くようになります。


例えば、うつぶせ寝の状態から股関節・膝を90度に曲げるだけの単純な動きです。(初めは出来る範囲で)


両脚がきつい場合は片足ずつ行なってみて下さい。


就寝前・起床時のわずかな時間に行ない、2~3ヶ月も続けると確実に身体の変化を実感できます。


このような運動も取り入れながら、股関節の可動域が広がり楽に動かせるようになると、腰割りの本来の効果が実感できますので、正しい方法を習得して健康な身体作りにお役立てください。