向き合う

ニコチン中毒

健康診断の結果が良くなかった。


身体の不調が長期間続いている。


どこかで何らかの健康指導や生活習慣の改善を求められている。


運動をしましょう、喫煙をやめましょう、食生活を見直しましょう。


そう言われても、今までに身についた習慣はなかなか変えられない、変えるのは至難の業かもしれません。


そのような方は、一度、ご自身の事と考えずに『自分にとって大事な人』、例えば親・子供・夫・妻・親友が、同じ状況になったとして、アドバイスをするつもりで、その内容を書き出してみましょう。


ああすれば、こうすればと、真剣に考え健康でいてほしいと願うはずです。


自分に対しては向き合うことが出来ず無頓着な方でも、大事な人の健康や幸せは結構真剣に考えられるものです。


そして、考えられるアドバイスが出尽くした時点で、ご自身に置き換えて考えてみましょう。


あなたの周りにいる、あなたの事を大切に思っている人は、あなたにそうしてほしいと願っているのです。


まずは、ご自身としっかりと向き合い、今だけではなく将来の健康も見据えた対策をとるように心がけましょう。