COPD

肺気腫,慢性気管支炎

『シーオーピーディー』という病気をご存知でしょうか?

 

昔は肺気腫と呼ばれていましたが、肺気腫と慢性気管支炎を合わせた『慢性閉塞性肺疾患』という病気の事で、主な原因は『喫煙』です。

 

年間約16.000人が亡くなる死因第9位の病気なのです。

 

COPDは、肺胞と、空気の通り道である気道の両方の病気で、肺胞は空気を取り込むところですので、不調になると酸素が取り込めなくなります。

 

また、COPDになると空気を吐き出しにくくなりますので、少し動いても息切れを起こすようになります。

 

そして、肺炎・糖尿病・心臓病とも密接に関係していますので、たばこを吸われている方は、単に歳のせいで息苦しいだけだと考えないようにしましょう。