骨盤のゆがみ

日常の生活姿勢が身体の歪みを誘発しているのですが、それに気づきながらも改善できない人がたくさんいらっしゃいます。


歪みの元となる悪い生活姿勢の代表格は「座り方」と「立ち方」です。


どちらも無意識の癖として身についてしまっていることから、例え頭では理解できたとしても、その悪い姿勢が一番楽だと身体が覚えてしまっているため、つい、気づけばそうなってしまいます。


その結果、腰が痛い・肩がこる・膝が痛いなどの症状に慢性的に悩まされることになります。


悪い姿勢を続けることで、もっとも深刻な影響を受けるのは『骨盤』です。


骨盤の歪みという言葉はよく耳にすると思いますが、では、骨盤の何が、またはどこが歪んでいることで痛みが出たりするのかという事をご存知の方が少ないように思います。


そして骨盤矯正=「バキバキ・ボキボキ」というような整え方をイメージして、そのような施術を受けてしまうのかもしれません。


しかし、骨盤の歪みを整えるには『仙腸関節』という部分を、ほんの少し動かすだけで十分なのです。


尾てい骨の上にある仙骨という骨と、その左右についている腸骨という骨のつなぎ目を仙腸関節と言います。


そしてこの仙腸関節は数ミリしか動かすことが出来ませんし、強い力は全く必要がありません。


動かし方のコツさえつかんでしまえば、ご自分でいくらでも整えることが出来ますし、体に負担がかかるようなことなどしなくても良くなります。


まずは骨盤が歪まないように姿勢を整える事、そして歪んだ骨盤をご自分で整える方法を身に付ける事、これらが慢性の不調にとても効果を発揮するのです。


骨盤の歪みを整える方法はこちらをご覧ください。