常(じょう)を知らざれば妄(みだり)に作(な)して凶なり

大自然の大きな力、いつも、いつまでも変わらない不変の力が『常の力』であり、呼吸や健康、命のあり方、人としての根本が『常』そのものでもあります。


常は自然のままの大きな心で過ごしていれば、何の問題もないのですが・・・・


あれすれば得をする

これをすれば損をする

やつは運が良かっただけだ

その考えは間違っている

自分がいつも正しい

うまくいかないのは誰かのせいだ


そんな事ばかりに心が偏り、他人を批判することで自分を正当化したり、違う意見に耳を貸そうとしなかったり


そんな日々を過ごす事が、結果的に『凶』を招いてしまう事に気付かなくてはならないのです。