無理厳禁

腰割りを指導していると、時折ご自身の体力をはるかに超えた努力をされる方がいらっしゃいます。


身体の柔らかさや関節の可動域は人それぞれに違うものなので、出来る範囲の努力で身体は十分に応えてくれます。


つい『こうするべき・こうなるべき』という考えが脳裏をよぎり、無理をしてしまい、背中や腰を痛め、結局続かくなってしまうという良くないパターンになりがちです。


腰割りは、力を込めた深く大きな動きを必要としません。


ご自身が気持ちが良いと感じるところまで、気持ちが良いと感じる回数だけ行えばよいのです。


膝と指の向きや骨盤の立て方などの注意点をしっかりと確認しながら、ご自身の身体と向き合い行なう、そんな腰割りが出来るようになると身体はどんどん健康に向かっていきます。


無理は厳禁なのです。