やわらかいカラダ

可動域が広いと身体を大きく動かせます。


動かせる範囲が広くなると、動きもスムーズになり動作の幅が広がるため、血液循環も良くなったり怪我の防止にもつながります。


年齢を重ねるごとに運動不足も相まって、筋肉や関節が固くなりやすく、何もせず放置していると良い事は一つもありません。


例えば姿勢。


猫背の人とお話をしていると、多くの方が胸を張るとか顎を引くとか上から糸で引っ張られるように・・・・という対策が真っ先に頭に浮かんでこられるのですが、実はそれよりも重要なことがあるのです。


それは、『ふくらはぎ』『太ももの裏』、この2つの筋肉をやわらかくすることです。


この部分が固くなり柔軟性が失われてしまうと、骨盤が正常な位置を保てなくなり、『後傾』といって、後方に寝たように傾いてしまいそれに連動して腰や背中が丸くなってしまいます。


弾力のある健康な筋肉は、姿勢を含めて日常生活を劇的に変化させ、快適に過ごすためには欠かせません。


ただし、劇的に変わるとは、ある日を境に突然、という訳ではなく、毎日コツコツと努力を積み重ねた結果、劇的に変わる、という意味ですのでお間違いなく。


この2つの部分に特に効果的な体操はコチラです。

毎日の習慣にしてみませんか?