解釈

似たような言葉でも、微妙に解釈が違うようです。


後悔先に立たず


済んだ事を悔やんでも仕方がない。という例えですが、事前に十分注意をしましょう。という教えでもあります。


転ばぬ先の杖


転んでから杖を持っても、時すでに遅し。

杖は転ぶ前に持たないと意味がないことから、危険を予測し準備を整えておくことの大切さを表しています。


浅い川も深く潜れ


浅い川でも何か起こるかもしれないので、深く潜るつもりで挑みなさいという戒めの言葉です。   油断は禁物なのです。


石橋を叩いて渡る


壊れるはずもない石の橋でさえ、叩いて安全性を確かめてから渡るというように、用心の上に用心を重ねなさいという慎重さを求める言葉です。


ただしこの言葉には、石橋を叩いて渡らない(用心しすぎて動けなくなる)や石橋を叩いて壊す(用心しすぎて結局失敗してしまう)というような逆の意味に繋がる意味もあるようです。