楽に動く

手足を動かしたり、寝返りを打ったり、何かを拾い上げたり、座ったり・・・


動くたびに「よっこらせ」的な声が出てしまうようなら、身体のある部分が衰えているかもしれません。


それは、腹横筋という体幹の筋肉です。


お腹周りをコルセットのように包み、カラダを内側から支える重要な筋肉で、姿勢維持の主役級の働きをするのですが、それだけではなく、日々の生活の何気ない動きも、腹横筋が衰えているとそれ以外の部分が頑張って身体を支えなければならなくなるために、必要以上に疲労していくのです。


逆に、この腹横筋がしっかりと働き身体の軸を保ってくれるようになれば、あらゆる動きがラクに行えるように変わっていきます。


腹横筋を鍛えるには、特別な器具はもちろん、寝転がったりする必要もありません。


どんな姿勢でも構わないので、とにかくお腹をキューと凹ませキープするだけです。


たったこれだけですので、「忙しい」からや「難しい」などの言い訳は出来ません。


これを半年も続けると、身体は確実に変化していきますので、毎日の習慣にしてみてください。