気持ち良ければ

健康は足元から。


足には老廃物や疲労物質が溜まりやすいため、刺激を与える事で、様々な良い影響が現れる場合が多く、足裏のケアは健康維持にはとてもおすすめなのですが、一方で、極端な足裏信仰とも呼ぶに相当するような偏った考えもあり、どこまで取り入れて良いものか、判断や選択が難しいのが現状です。


足の裏にあるとされるツボに関しても、施術を行なう側によって場所が異なったり左右が逆になっていたり、きちんと体系化されていないため効果の程はまちまちです。


また、ツボと反射区では考え方が異なるため、本来施術方法も異なるものです。


また医療行為ではないため、何かを治したりする目的で行なう事も出来ません。


と、考えてしまうと、いったい何のために行なうのだろうかとも思ってしまいますが、理屈はどうあれ施術後足が軽くなったように感じたり、足だけではなく体全体が温かく感じたり、便意をもよおしたりする方もいらっしゃいますので、一定の効果が見込まれるモノでもあります。


しかし、一方で何の効果も感じられない方もいらっしゃいます。


これは、もう『個人差』というしかありません。


足裏の施術(足つぼであれリフレクソロジーであれ)も、お身体全体の施術と同様に、その効果は『強さ・リズム・好み・相性』などにより大きな影響を受けます。


ですから、どんな理論の施術かという事よりも、単純にその施術を受けて『気持ちがいい』と感じることが出来れば、それが一番良い選択なのではないでしょうか。


当院では、リフレクソロジーというコース名ですので、本来は指の角を使用するような施術ではないのですが、クライアント様のご要望により、健康を害さない事を前提に、臨機応変に施術方法を変えて行なっています。(強い・痛みを与える施術は行ないません)