吐く息を強く

呼吸法には、カラダやココロをリラックスさせる効果がありますが、一方で、身体(体幹)を鍛える効果もあります。


例えば、腹筋は呼吸筋の役割を果たします。


息を吐くとお腹が引っ込みます。


この時、腹筋に力を入れると、さらにお腹が引っ込み吐く息の量も増えます。


そうすると、次に吸い込む息の量が増えます。


呼吸筋が大きく動かせるようになると、代謝が良くなりますので、健康な身体作りに大きな呼吸は欠かせないのです。


大きく深い呼吸は体幹の筋力を強くします。


体幹の筋力が強くなると身体を安定・固定させることが容易になるため、体幹以外の部分に余分な負荷をかけなくて済むため、手や腕や脚が楽に動かせるようになります。


体幹を鍛えるポイントは『強く長く息を吐く事』と、『力を出す時に吐く』という2点です。


スクワット運動で言うと、下げる時に吸って、上げる時に吐く。


そして、上げる時は下げる時の2倍以上の時間をかけるようにする事を忘れないようにしてください。


力を入れる時に強く長く吐くことで、体幹はどんどん鍛えられていくのです。