内転筋

健康の基本『正しい姿勢』は、主に立ったり歩いたり座ったりする習慣に大きく左右されます。

 

偏ったり癖のある習慣から、身体はどんどん歪んでしまいます。

 

骨盤が歪んでる事を気にされる方が多いのですが、骨盤の歪み自体に意識を向けるより、その骨盤を正しい位置に戻す習慣を身に付ける方に意識を向けられた方が、数段効果的です。

 

姿勢の悪い方、骨盤が正しい位置にない方、腰痛持ちの方の中に、内ももの筋力が衰えてしまい外側の筋力とのバランスが悪くなり、見た目が悪いばかりか、座っているとすぐに疲れたり、偏った立ち方をされる方がいらっしゃいます。

 

そんな方は、『内転筋群』という筋肉を鍛える事をお勧めします。

 

恥骨筋・短内転筋・長内転筋・大内転筋・薄筋がまとまり、身体を内側から支え安定させるのですが、姿勢の悪さと比例するかのごとく弱くなりがちです。

 

内転筋は骨盤や下腹部全体に大きな影響があるため、衰えると骨盤の歪みだけではなく、ポッコリお腹の原因にもなります。

 

ただし、鍛えるには少し注意が必要です。

 

色んな鍛え方があるのですが、内転筋は短縮したり固くなりやすいため、いきなりトレーニング本に記載されているような筋トレを始めてしまうと怪我をする恐れがあります。

 

ですので、まずは筋肉の柔軟性や可動域を徐々に広げるような簡単で優しい運動から始めて、その後本格的なトレーニングに移行してください。

 

初めは左右の膝の間にボールなどを挟むようなモノで十分です。

(こちらの座り方動画の中で行なっています)