腰割りの効能

腰割りは骨盤周りを効果的に使えるようになるための要素が満載で、特に仙骨と呼ばれる骨周りの動きが良くなりますので、骨盤の歪みが自然と整ったり、腰痛が和らいだり、動きやくなったりします。

 

そのためには、股関節をしっかりと開き(腰を割り)、骨盤を真っ直ぐに立てた状態で上げ下げをする必要があります。

 

スクワットのように前傾姿勢で行なうと、腰から背中が常に緊張した状態になるため、仙骨の動きが制限され自由で自然な動きが無くなってしまいます。

 

腰割りを上手に行なうポイントの一つは『力まない』という事で、身体のあるべき姿、本来の能力を引き出すためには余計な力は邪魔になります。

 

不必要な力が抜け、楽に腰割りが出来るようになると、身体はどんどん軽くなり、動きやすくなりますので、怪我をしにくくなることやダイエットなどにももってこいなのです。

 

腰割りを毎日正しく行うと、身体は確実に変わります。