睡眠不足


ヒトは眠らないと生きてはいられません。


眠る理由には大きく分けて4つあり、どれもが健康と直結しています。


①疲労回復・・・睡眠をとることで、体と脳の疲労が取れます。

睡眠中の脳は、完全に休息している訳ではなく、情報の分析や処理を行なって、記録をする作業を行なっていますが、疲労を起こすような働きではなく、それ以外の機能は休んでいます。


②新陳代謝・・・成長ホルモンの分泌は睡眠中に起こります。

このホルモンは成長期の子供のものだと思われがちですが、代謝が低下している大人にこそ、もっと分泌を促す必要があります。

睡眠不足が続くと老廃物が溜まり、血管を詰まらせ血流を悪化させ、身体に痛みとして現れたり、肌の荒れを引き起こし、いわゆる『老け顔』の大きな原因になります。


③免疫力・・・身体が本来備えている自己防衛機能が低下するため、風邪やウイルスに対する抵抗力が落ちていき、また、自分の力で治す自然治癒力も期待できなくなってしまいます。


④ストレス・・・睡眠をとると身体と脳は自然とリラックスを感じます。

身体を横にするだけでも、ヒトは安心や安らぎを感じますので、寝ればある程度のストレスは解消されます。


これらの事から、睡眠は健康にとって欠かすことが出来ない、もっとも大切なケアです。


運動も大事、食事も大事、それとともに睡眠にも心を配っていただきたく思います。